斑鳩宮ゆりブログ


Mistress斑鳩宮 ゆり ブログ

「」

今の家に引っ越してからというもの、花を必ず枯らさず生けるのですが今の時期は枯らしてしまってもベルギーの画家(旧 ブラバント公国)ヤン・ブリューゲル(父)の描いた美しい絵画のようになる。(参考 「花」1606/7)なので、今の時期はとても気が楽である。枯れた花も見方を変えれば美しく映り美しく見えるためには、情報が必要であり何事もそうだな、と今朝出掛ける前に花を見てふと思う斑鳩宮ゆりでした。去年の末から今年は色々と...

「Rest In Peace Masochist」

最近はMummyを愛するマゾ君とお遊びする機会が増えました。(と言っても同じマゾ君なのだけれど)なんかクスッと笑えるような事をしたいマゾヒストよ安らかに眠れ。「リップ」ではなく「アールアイピー」と読むのがスタンダードです。ビニールテープを巻きすぎて利き手の薬指側面が擦れてしまったのだけれどこれは、遊び疲れと似た感覚であり割と嬉しいものである。……手軽に調達したキャットスーツの股下部分長さ足らず、胸元もキツくま...

「黄熱の季、含羞そして露出」

よく行く銀座の天麩羅点で秋刀魚の天茶。季節のコースで頂きました。うにはいつの季節も大好物。お酒は伯楽星でしたよ。そう、羞恥系M男くんと初セッション。土下座させてこちらに向けて尻のみを上げさせるケツま○こ服従のポーズ♡(と呼んでいるが思いつきなので名前はない)山の手線通過を待つM男くんケツま○こが気持ちいいと喘ぐ。とっても愉快なセッションでしたよ。昨日はもう1人、頑張ってくれた奴隷志望の見習いマゾ…M男くんが...

「嘔吐まみれで自慰」

髪を赤紫にして眉も赤っぽくした斑鳩宮ゆりよ。アナル奉仕に嘔吐と1日着用パンストの3点OP嘔吐の食材はというとゼリーを2つシュークリームを1つプリンを1つゼリーを最初に食べればよかった、と後悔。カフェラテとゆず シトラス & ティーがほのかに香るような嘔吐。だがゼリーのおかげで見た目はオレンジと黄色。まだ多少 目が当てられるような具合。笑臭いはそこそこだったけれど6~8回ぐらい寝ている顔面、喉元に吐き掛けてやれば...

「珍奇なセッション」

どうもご機嫌麗しゅう、斑鳩宮ゆり よ。今までSMを始めて珍しかったプレイを思い出してまったり書いていくわね。▼喝上げプレイ予約時に「部屋に入って乱暴にカツアゲしてください」とお客様から伝えられて、と伝える店長。その時はアルファインでした。冬の風が頬を撫でる寒い12月頃わたくしはヒールをカツカツといつもより音を鳴らし部屋へ向かう。部屋を選ぶパネルの隣にあるエレベーターにのり降りて目に入るのは、あの非常灯が...